齊藤研究室

ERATO

ホーム > 研究 > スピントロニクス

研究分野

スピントロニクス

スピン流の物理を中心に、スピントロニクスの基礎研究を行っています。スピントロニクスはメモリー技術や省エネルギーコンピューター技術への応用が進み、基礎物理においてはスピン流やトポロジカル物質といった新しい概念を生み出しました。当研究室はスピン流の物理のフロンティアを、先頭に立って開拓してきました。特に、最も重要なスピン流現象である逆スピンホール効果を発見し、これはスピン流測定方法として、この分野の殆どの研究室で利用されています。当研究室が発見したスピン流現象は非常に多く、スピン伝導絶縁体、スピンゼーベック効果など、枚挙にいとまがありません。現在もスピントロニクスに物理の体系を構築すべく、世界をリードする基礎研究を行っています。更に、超伝導体、トポロジカル物質、有機導体等の新しいスピントロニクス物質、超高速レーザー分光など新しい実験技術の開拓も行っています。

研究課題

研究テーマ

  • スピン流基礎物理・固体中の相対論
  • 超伝導スピントロニクス
  • 強相関スピントロニクス
  • 有機スピントロニクス
  • 半導体スピントロニクス
  • トポロジカルスピントロニクス
  • 光スピントロニクス
  • 計算スピントロニクス