齊藤研究室

ERATO

ホーム > 研究

研究

齊藤研究室は物理学と工学応用の両者にまたがるナノ量子物性の最先端の開拓を標榜し、次世代電子技術の基本物理原理を築く先端研究と世界で活躍する人材の輩出で科学技術と社会に貢献してゆきます。

研究分野

研究室の方針

科学研究は人によって成り立っています。私達は最先端の科学を生み出す場をメンバー一人一人と共に創り上げ、個々との信頼関係を基にした研究教育により科学・工学のフロンティアを押し広げる研究成果を生み出す事を目標としています。教員、学生共にこの視点に立っており一人一人の研究に対する肯定的な取り組みとメンバー同士の切磋琢磨が組織のパフォーマンスの飛躍的向上につながると考えています。

研究室の方針としては、物理学の美しさと工学的応用の両者を重視しており、基礎学理の構築のみならずその特許化も行っています。

研究を遂行する上で物理学の原理に基づいた基礎的な理解は欠かせません。齊藤研究室では物理現象に共通して存在する視点を研究室の遺伝子として伝えてゆき将来どのような分野でも永続的な自己成長を遂げ得る知性を築く事を目指しています。対象の本質を見抜くにも研究テーマを設定するにも実験系をデザインするにもその世界観が強力な武器となるでしょう。

現時点での知識は問いません。特に研究のプロフェッショナルを目指す方々も歓迎いたします。人類の未知に挑戦する情熱を持って集まって来て下さい。

→入学・入室希望の方へ